空気人形


c0157248_218242.jpg

↑映画とは無関係です・・・


「空気人形」を見ました。(DVD)

この映画の広告写真を見たときから興味津々だったのです。
(その写真は瀧本幹也が撮ったことを後から知りました)

人形が心を持つ。
等身大の人形なので、外見では人間と見分けがつきません。
そして彼女は恋をする・・・というストーリー。

エロティックな描写もあるので
誰にでもおすすめできる映画ではないんですが
僕はとても好きになりました。

印象的なシーンがいくつもあるんです。
人形が初めて動くところとか
息を吹き込んでもらうところとか
ラストの場面とか。

サントラ聞くだけで、けっこうジーンときてしまうんですよね・・・すでに。




ラストのところは、かなーり切ないですね。

誕生日を皆に祝ってもらうシーンで彼女が喜んでいる姿は
かなりぐっときますね・・・。
これが本当だったら、どんなに幸せだろう・・という気持ちにさせられます。

人間なら、普通にしてもらっていることなんですけどね。
それがこんなにも幸せなことなんだな~、と思わせるこの映画。
テーマとか、脚本とか、俳優さんの演技とか、全部いいです。
特にヒロインを演じた女優さんは、個人的にはアカデミー主演女優賞です。

ゴミとして捨てられたモノの中から、彼女がきれいなモノを拾い集めることとか
彼女が「人の役に立ちたい」と強く思うこととか
人が生きるってことをきちんと描いているな~って思いました。

いい映画でした~

寒い季節に見たらもっと良さを感じられたかもしれませんね。
(登場人物がみんな厚着をしているのに、彼女は寒さを感じないので春のような薄着なんです。
その設定を実感できるような気がするので)
[PR]
by bikegon | 2010-04-12 12:44 | 雑談


<< 猫めくり 4月14日 夕日に桜 >>