安曇野ちひろ美術館 瀬川康男遺作展

安曇野ちひろ美術館で 瀬川康男遺作展 -輝くいのち- が開催されています。

瀬川康男さんといえば、「いないいないばあ」の絵を描いた画家として有名ですね。
 (その原画も今回展示されています)

残念ながら2010年にお亡くなりになってしまいましたが
この遺作展は瀬川さんの画業を振り返る展示になっています。
絵本の原画もよかったのですが、タブローの濃密な魅力がすばらしかったです。
それから石版画も、緻密に描きこまれた世界に引き込まれます。

作品に注がれたエネルギーに圧倒されそうになるのですが
草花のスケッチを見ると、繊細な美しさがそこにあって
本当にいろんな絵が描ける人なんだな・・・とあらためて思いました。

会場には瀬川さんのアトリエの写真が大きく引き伸ばされて展示されています。
仕事机や、棚にきれいに整理されている顔料や筆、刷毛など
の写真もあるのですが、主のいない仕事場の風景を見ていると
ちょっと切ない気持ちになってしまいますね・・・

この展示は5月8日まで。第2・4水曜日休館 (祝休日は開館、翌平日休館)です。
[PR]
by bikegon | 2012-03-09 00:50 | 安曇野


<< coffee break 春眠 >>