ごめんなさい、台湾の方々。

普段、ニュースについてブログに書いたりすることはないのですが
あまりにも情けないニュースだったので書いちゃいます・・・

以下、読売新聞配信ニュースより引用
------------------------------------------------------------------------------------------
読売新聞 3月12日(月)18時40分配信

 野田首相は12日の参院予算委員会で、11日の政府主催の東日本大震災追悼式で、
台湾代表に献花の機会がなかったことについて、
「本当に申し訳ない。行き届いていなかったことを深く反省したい」と陳謝した。

 自民党の世耕弘成氏への答弁。台湾からの震災義援金は官民合わせて約200億円と世界トップクラスだった。

 世耕氏は追悼式で、天皇、皇后両陛下がご退席になる際、場内が着席していたとして、
「どこの国でも全員起立するものだ」と批判。
藤村官房長官は「(議事進行は)事務方で詰めてきたものを直前に聞いた。おわびするしかない」と謝った。
-------------------------------------------------------------------------------------------

東日本大震災の被害に対し、たくさんの支援をしてくれた台湾に、このような失礼な扱いとは。
野田総理は不手際を謝っていますが、最初からその予定だったのだと思います。
台湾をひとつの国として扱うと、中国に怒られるからです。
不手際だったことにして、後で謝ればいいよね・・・ということだったのでしょう。

そう考えると、両陛下のご退席のときのことも、同様に考えていたのかも・・・と思ってしまいます。

ああ、情けない。


3月14日 追記

より情けないニュースが入りましたので追記します。

産経新聞 3月14日(水)7時55分配信
ここより一部を引用-------------------------------------------------------

「台湾の厚情、無にした政府 献花冷遇に藤村長官一転「問題ない」

 ■中国偏重 非礼上塗り

藤村修官房長官は13日午後の記者会見で「事務レベルの仕切りに問題があったとは思わない」と述べた。台湾は震災発生後、いち早く支援を申し入れ、世界最高規模の約200億円の義援金を送った。
民間からは被災地も含め台湾への感謝のメッセージが相次いでいるが、
日本政府の対応は国民感情とはかけ離れている。

 藤村氏は12日の参院予算委員会で「事務方ですべておぜん立てした。台湾に関するわが国の基本的立場は1972年の日中共同声明の通りだ」と語り、台湾が中国の領土の不可分の一部との中国政府の立場を「理解し尊重する」としている日中共同声明をもとに機械的にリストを作成したことを認めた。

 「外交団という仕切りの中で整理された。外務省と内閣府で式典のやり方を十分に調整された」
 「外交団の仕分け(基準)は外務省にきちんとしたものが伝統的にある」

 藤村氏は13日の会見で、追悼式典の準備に当たった外務省と内閣府が事務レベルで台湾をリストから外したこと自体には問題はないとの認識を強調した。自らの対応については「配慮が足りなかったかどうかを反省材料にする」と述べた。

 外務省は日本に公館を置いている150カ国、中国などにある公館で日本を担当している18カ国、経済協力開発機構(OECD)など35の国際機関に追悼式典への案内状を出し、約160人の外交団が式典に参加。日本が国家承認していないパレスチナの代表も例外的に外交団として扱われた。

 だが、外務省は台湾の駐日大使館に相当する台北駐日経済文化代表処を「民間団体のステータスで呼んだ」(同省儀典官室)と説明している。そのため、羅副代表は外交団がいた会場1階の来賓席ではなく2階の企業関係者などの一般席に案内され、国名が読み上げられる「指名献花」の対象にもならず、一般参加者と一緒に献花したという。

 杏林大名誉教授で外交評論家の田久保忠衛氏は「事実上の独立国の代表に対して非礼だ。心にしみる支援をしてくれた台湾に何ということをしたのか。常に中国の顔色を見て外交をする根本的な欠陥を表している」と痛烈に批判した。

引用ここまで-----------------------------------------------------

この件を「不手際」だったとすれば政府は批判されるし、次の機会に台湾を国として扱わなくてはならなくなるので、「外務省の基準通りだった」というように軌道修正したのでしょう。
なんというか、この政権の視線がどこに向いているかが良く分かるできごとでした。
台湾から日本を応援してくださった方々には、本当に申し訳なく思います。
[PR]
by bikegon | 2012-03-12 22:18 | 雑談


<< 夜は目がまんまる coffee break >>