スタヂオKURE ~無限に広がる小さな世界~


c0157248_07291.jpg

安曇野市のギャラリー・シュタイネさんで
「スタヂオKURE ~無限に広がる小さな世界~」
が開催されています。

c0157248_08191.jpg



竹内尋教さん(彫金) 水野里香さん(陶)
"Studio KURE" として活動されているご夫妻の個展です。

「陶に彫金の技術を組み入れたオブジェと、繊細なデザインのアクセサリー
大人たちの好奇心をそそるユニークな作品が多数登場します。」
                ─ DMより ─




c0157248_081085.jpg

船のスクリューを回すと、オールが動く仕掛けになっています。
小さな小さな扉が開いたり、細かなところまで作り込んであるのに感動します。

c0157248_081958.jpg

古い窓を再生した飾り棚にディスプレイされた作品たち。
シュタイネさんで展示をすることが決まってから
長い時間をかけて展示の準備をしたそうです。
とっても密度が高いというか、見ごたえのある展示です。

c0157248_082647.jpg

真空管をモチーフにしたオブジェ。
こちらの作品は真空管を利用したものではなくて
真空管の形に吹きガラスで作ったものなんだそうです。
こういうノスタルジックな世界観はとても好きなんですよね・・・

c0157248_084776.jpg

火の見櫓。壁にうつる影も素敵な雰囲気です。

c0157248_085615.jpg

街角の風景のような作品。
この建物の向こう側にも道があって、見る角度を変えると
また違う風景が見えてきます。ぜひ会場で見てもらいたいです・・・

c0157248_09395.jpg

アクセサリーの作品。結晶がきらきら光る自然石の上にディスプレイされているのが
とてもきれいでした。
作品のひとつひとつが大切に展示されていて、
作家さんが作品について丁寧に説明してくださる様子も
作品に対する愛情が感じられて、本当に素敵だなぁ・・・と思いました。

c0157248_091119.jpg

植物をモチーフにしたブローチ。
昆虫やヤモリをモチーフにしたアクセサリーもたくさんあり
とっても繊細な美しさがあります。
他に歯車や糸車?(糸をつむぐ道具です)をモチーフにしたアクセサリーは
とても小さいのに、歯車などがちゃんと回るんです・・・すごい。

c0157248_092016.jpg

作家さんは、アクセサリーのリフォームもしていらして、
この作品はギャラリーのオーナーさんが、指輪をリフォームしてもらったものです。

c0157248_092771.jpg

竹内さんと水野さん。
とても穏やかな雰囲気で作品について話してくださるのが印象的でした。
7月7、8日も在廊予定だそうです。


[PR]
by bikegon | 2012-06-25 00:41 | クラフト


<< 猫それぞれ 夜の猫 >>