松原幸子ガラス展 Dへの手紙


安曇野市のギャラリー・シュタイネさんで
松原幸子ガラス展 Dへの手紙」が開催されています。
2013.9.7(土)~9.27(日)

「あなたが出会った様々な出来事は、
ひとつひとつが大切に綴られた小さな物語。
懐かしくて、暖かで、ちょっぴり寂しいあなたの思い出は、
まるで繭から細い生糸を手繰るように、少しずつ丁寧に紡ぎ出され、
未見の誰かに宛てた手紙となって、新たに綴られていくのです。」
--DMより--

c0157248_0344163.jpg

積層したガラスの間に閉じ込められた絵や文字が
長いあいだに重なっていった記憶のように感じられます・・・




c0157248_0404867.jpg

"Book of the tree"

c0157248_0405536.jpg

「ごがつのそら」

c0157248_041258.jpg


c0157248_041963.jpg

「ちいさいいえ」

c0157248_0411741.jpg

うつわの横に描かれた絵の影が、ひとつの街のようです

c0157248_0412629.jpg

"voyage"
小さな飛行船がいろんな街を旅します

c0157248_0413270.jpg


c0157248_1353290.jpg

松原幸子さん
作品について、丁寧にいろいろなお話を聞かせてくださいました。


[PR]
by bikegon | 2013-09-09 01:14 | クラフト


<< 週末だけの小さな北欧展 カフェ バロ つい手が・・・ >>