0から

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

正月休みに「永遠の0」を読みました。太平洋戦争に於いて
海軍航空隊一の臆病者と呼ばれたパイロットを描いた小説です。

主人公の宮部は、家族のために生きて帰ると公言し
他の兵士から臆病者と呼ばれても生き延びることを選んできた
天才的な操縦技術を持った零戦の搭乗員です。

にもかかわらず、終戦の間際になって特攻に赴き戦死した。
その理由を追ってストーリーは展開します。

この小説の全編にわたって、当時の軍隊の上層部が如何に愚かで
兵士の生命を軽んじていたかが描かれています。
無謀な作戦を無理に実行し、前線の兵士が無駄に死んでいく様が
生き残った兵士の回想として語られ
それを読んでいくうちに暗澹たる気持ちになっていきます。

c0157248_19023938.jpg
上の写真は以前、靖国神社の遊就館を見学した際に撮ったものです。
そこには零戦の他に、当時の戦車や特攻ロケット機「桜花」
人間魚雷「回天」などが展示されていますが、
どれもが現在の感覚からするとおもちゃのように感じられるほど
小さく粗雑なもので、こんなものに乗せられて死んでいく
兵士の気持ちを考えるといたたまれなくなりました。

その最たるものは「伏龍」という人間機雷で
もはや兵器と呼べるようなものではありません。
潜水服を着た兵士が海中に潜み、数メートルの棒の先に付けた爆弾で
その上を通る艦船の底を攻撃するというもの。
あまりのばかばかしさに、この作戦で死亡した(しかも訓練中に)
数十名の兵士に、心から手を合わせたくなります。

こんな愚かなことが繰り返されないように・・・と切に願います。



[PR]
by bikegon | 2014-01-04 19:10 | 雑談


<< つくえの上の小さなモノ ギャラ... トザキケイコ展 ゆこもりさんにて >>