Studio KURE  無限に広がる小さな世界 ギャラリー・シュタイネ


c0157248_0581542.jpg

安曇野市のギャラリー・シュタイネさんで
Studio KURE  -無限に広がる小さな世界- が開催されています。

c0157248_0554847.jpg

2014年 6月28日(土) ~ 7月13日(日)    最終日は16:00迄 木曜休館

竹内尋教(彫金)  水野里香(陶)     作家在廊日 土曜・日曜

  陶と彫金の精密なオブジェは、
  あの日、街の映画館で観た映画のワンシーンを思わせます。
  細緻にデザインされた彫金アクセサリーは、
  森羅万象を捉えようとする観察眼あればこその技。
  独創性あふれる Studio KURE の作品が、大人たちの好奇心をくすぐります。

作家在廊日には、お手持ちのアクセサリーのリフォームも承ります。 (DMより)




c0157248_0555464.jpg

黒色雑技団という作品のシリーズです
シュタイネの特設テントで繰り広げられる様々な演目・・・
しっぽのカタチからすると どうやら悪魔?のようです

c0157248_056216.jpg

展示台も作品の一部なんですね。
KUREさんの作品展は、こうした展示の仕方も丁寧に行き届いていて
素敵だなぁって思います。

c0157248_056924.jpg

こうした人物的なキャラクターが登場するのは初めてなんだそうです。
顔には目は描かれていなくて、見る人がいろんなことを
想像する余地を残しているそうです・・

c0157248_0561550.jpg

アクセサリーも繊細で美しい・・・

c0157248_0562148.jpg


c0157248_0572952.jpg

石の上に置かれたオブジェ。
まるで化石のように時間を超えて存在しているように感じられます。
いろんな部分が動くんですよ・・

c0157248_0574311.jpg

オブジェたち。顕微鏡はぜひ会場で覗いてみてください。

c0157248_0574910.jpg

「炭鉱の朝」 作品のタイトルからいろんなことを想像してみるのもおもしろいですね・・


[PR]
by bikegon | 2014-07-07 01:27 | クラフト


<< いきものたちと出会う森 上野み... ―花の絵便り― いとうよしこ ... >>